トップ > お悩み施術NAVI > 切らずに二重にしたい

お悩み施術NAVI

切らずに二重にしたい

今やプチ整形の定番となりつつある二重の手術。
メスを入れて身体を傷つけることなく、まぶたを二重にする方法が今では一般的になりつつあります。
メスを使ってまぶたを切る手術にくらべ、まぶたを二重にする手術である「埋没法」はその日のうちに手術も終わるので、時間もコストもかかりません。
もちろん、メスを使わないため傷跡が残るということは一切ありません。
そのため安心して受けることができる手術としても人気です。
方法としては髪の毛のよりも細い極細の糸を使って、まぶたの裏に糸を埋没させ二重を固定します。
これによってまぶたの二重が戻りにくくすることができ、誰が見ても自然に見えるまぶたを切らずに作ることができるのです。

施術法

二重の埋没法

まぶたを二重にするための埋没法は、自分が二重が欲しいポイントを1~2ヵ所ほど髪の毛よりも細い、極細の糸を使って二重の癖をつけます。
この埋没法には「瞼板法」と「挙筋法」があります。
瞼板法は瞼板と呼ばれるまぶたの裏側にある細い芯に糸を通して固定する方法です。
もう一つの挙筋法はまぶたの裏側に糸を通さずにまぶたを作る方法です。どちらの方法でも二重を作ることができますが、病院や個人の状況によって使われる方法は異なります。

二重の埋没法のメリット・デメリット

埋没法はメスを使うことがありません。
医療用の糸を通すだけなので、皮膚を必要以上に傷つけません。
メスを使わないため、短期間で手術が終わります。それに目に負担をかけないで済むというメリットもあるのです。
また、埋没法は糸を通して、自分の理想の二重を作る方法のため、万が一気に入らないことがあれば修正が可能です。
デメリットとしては腫れぼったいまぶたの人や、目を開ける力が弱い人、アトピーなどで目をよく擦る人の場合などは埋没法を受けても、数年で二重が取れて、元のまぶたに戻ってしまうというケースがあることです。

このような方におすすめ!

気軽に二重にしたい方 休みが取れない方 メスを使いたくない方 費用をあまりかけたくない方

切らずに二重にした方の体験談

鹿児島県
Tさん
20代

手術後はハレていたけれど、キレイな二重になりました。

私は毎日のアイプチが面倒だったし、左右の目の大きさが違うのも気になっていました。
どうせ二重にするなら、という思いからプチ整形を選んだのですがいつもの駅のすぐ近くに病院があってそこに決めました。
手術中は麻酔をしていたこともあって全く痛くありませんでした。
でも、手術後3日間ぐらいはずっとまぶたがハレていて……。
「このままだったらどうしよう」と思いましたが、一週間後にはキレイな二重になって大喜びでした。

大阪府
Nさん
10代

片方だけが二重の私。切らずに二重にできるのが決め手でした。

片方だけが生まれたときから一重で凄くコンプレックスに感じていました。
なので、整形を考えていましたが「切らずに二重にできる」と聞いて埋没法をお願いすることに。
カウンセリングでは話をきちんと聞いてくれましたし、丁寧に接してくれたので、手術前の不安を和らげることができました。
痛みも心配していたのですが、ガマンできる程度でしたよ!
特にハレもなく「これで終わり?」って思っていたら数日後には両目とも二重になってうれしかったです。

山梨県
Hさん
30代

メスは一切使わずに理想どおりの二重に。

私は奥二重で左右の幅が結構ちがったので、その二重の幅を合わせるために手術を受けました。
切るのはイヤだったので、それを医師の方に伝えると埋没法を紹介されたので、その方法でお願いしました。
手術費用も想定していたよりも、安くすんだし。
手術のときの痛みは若干ある程度でした。
術後に冷やして帰ったのですが、まぶたのハレを意識したのはその日の夜まででした。
手術跡も目立たず、理想の二重になってとても感謝しています。

切らずに二重にしたい方におすすめのクリニック

品川美容外科

品川美容外科

“カウンセリング”に力を入れているという特徴があります。
施術前にしっかりと患者様と向き合いたくさんの施術の中からベストなものを選びます。

  • クリニック詳細
  • WEBサイトへ
高須クリニック

高須クリニック

最新の医療技術は「安心である」とお墨付きを得たものしか患者様に勧めません。
世界初の技術だけでなく独自の施術も考案し技術は世界でもトップクラスです。

  • クリニック詳細
  • WEBサイトへ