トップ > 美容整形Q&A > その他のQ&A

美容整形Q&A

「プチ整形を受けた」という人が周囲にいれば、プチ整形とはどういったものか聞くことができるでしょうが。
ほとんどの方が周囲にプチ整形をしたことがバレないようにしているので、プチ整形で気になるお金のことや、カウンセリングのことを誰かに聞くことは難しいでしょう。
ましてや、プチ整形が失敗した話など実際に聞くことは不可能に近いかも知れません。
このページではそんなナカナカ聞けないプチ整形の細かな部分を紹介します。

美容整形は何歳から受けられますか?

施術にもよりますが、赤ちゃんからでも美容整形を受けることは可能です。
ほくろやアザなどを取る美容整形の場合は小さなお子様でも受ることができます。
ほとんどの場合、5~6歳で受ける方が多いですが、赤ちゃんであってもほくろなどの除去手術を受けることは可能です。
また、人間の顔の成長はまぶたに関しては10~12歳で止まるので、二重まぶたにする手術もできます。
しかし、未成年が美容整形する場合は親の同意と本人の意思が必要です。

カウンセリングを受けるだけでも料金はかかりますか?

ほとんどの病院で初回のカウンセリングは無料です。
昔に比べて美容外科の数は爆発的に増えました。
その分、患者様の取り合いが多くなったため、患者様の気を引くために初回のカウンセリングは無料にしているところが多いです。
また、これは患者様側にもメリットがあります。
無料カウンセリングの段階で「どういったクリニックかなのか」をある程度把握することができるため、危険なクリニックを避けることができるからです。

費用を分割払いにすることはできますか?

支払い費用を分割払いにすることが可能です。
普通の整形手術に比べれば安いですが、プチ整形でもそれなりにお金はかかります。
なので、ほとんどの病院ではクレジットカードの利用ができるため、分割でプチ整形にかかった費用を支払うことが可能です。
また、医療クレジットと呼ばれる医療機関専用のローンもあるため、プチ整形にかかる費用を分割で支払うことができます。
お申し込みの際には身分証明書と、通帳、印鑑が必要になります。

一度施術を受けた部位に再度施術を受けることは可能ですか?

同じ箇所に再度施術を受けることは可能です。
「施術を受けたけれど気に入らない」「思ったとおりの仕上がりにならなかった」という人でも、プチ整形をした箇所に再度施術を受けることができます。
クリニックによっては他院での施術に満足しなかった人に向けたプランがあるところもあります。
しかし、受けられた施術によっては同じ箇所の施術を受けるまでにダウンタイムが必要な場合もあるので、再度施術を受ける際には注意が必要です。

整形に失敗した時はどのようにすれば良いですか?

整形手術によっては失敗した箇所の修正が可能です。
安全性や技術の確立により、失敗の確率が減った整形ですが、医療に絶対はありません。誠に残念なことですが、整形手術に失敗してしまうことはあるのです。
しかし、失敗した箇所を再手術によって、元よりも良くすることが出来ます。
また、手術内容によっては、時間と共に整形した箇所が元に戻ることがあるので、万が一失敗した場合は医師の相談の元、どうするかを決めてください。